ヘッダー 原一.jpg

「浮気調査 費用 格安」等で調べた履歴を消そう!


今、パソコンの電源を落とそうとしているあなた!
ちょっと、待って!!


このままだと、あなたが「浮気調査 費用」や「浮気調査 格安」などを
検索した履歴が残ってしまいます。
あなたの旦那・嫁に浮気調査をしていることを疑われないためにも
履歴を消去することをオススメします。

ネット履歴.jpg

もし、あなたの旦那・嫁が
「浮気調査 費用」や「浮気調査 格安」などと調べられた履歴を見つけてしまったら・・・
「浮気がバレている!」「探偵を雇われた!」と一気に警戒モードに入ってしまい、
浮気調査を依頼しても決定的な証拠を押さえるのが難しくなってしまいます。


●ホームページ履歴消去の仕方

1.インターネットを開く
2.左上もしくは右上にある「ツール」をクリックし、「インターネットオプション」をクリック
3.「ファイルの削除」と「履歴のクリア」をクリック

⇒履歴が消えます!



●オートコンプリートの削除

オートコンプリートとは、
「一度入力した単語をパソコンが記録して、次回からの手間を省ける機能」。

Yahooなどの検索窓で過去に検索した履歴が出たりするアレのことです。
Yahooなどの検索窓で2回クリックして、
今まで検索した単語がずらっと出る場合はこちらも消去しておきましょう。


1.インターネットを開く
2.左上もしくは右上の「ツール」をクリックし、
  「インターネットオプション」をクリック
3.「コンテンツ」タブをクリックして、
  「オートコンプリート」をクリック
4.「フォーム」についているチェックを外し、
  「フォームのクリア」をクリックして「OK」
5.「詳細設定」タブをクリック
6.「インラインオートコンプリートを使用する」のチェックを外して「OK」
7.ヤフーなどの検索エンジンの検索窓をクリック
8.詮索した単語が消えていなければ、
  カーソルを単語にあて、キーボードの「Delete」をクリック

⇒履歴消去完了!


検索履歴は消えましたか?





>前のページ:【浮気調査 費用 格安】目次

>>>>浮気調査 費用 格安〜あなたの旦那・嫁は大丈夫!?〜TOPへ戻る
posted by 斉藤 隆也 at 11:26 | Comment(0) | 浮気調査の前準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【浮気調査 費用 格安】調査の前に決めておくこと


あなたの旦那・嫁が、内緒で別の異性と会っていたら…
浮気・不倫という問題はどのカップルにもふりかかる可能性があります。
では、それが現実になってしまった場合、どう対処すればいいのでしょう。
旦那・嫁が密会.jpg


一般的には、

1.離婚を前提に話し合いをする
2.離婚は前提とせずに、浮気をやめさせるよう話し合いをする
3.我慢したり、興味がなくて放っておく


に分類されます。
浮気調査を依頼するのは1と2に該当する場合ですね。


離婚を前提としている場合、
浮気調査で証拠を押さえることが出来れば、
慰謝料請求や養育費の問題で有利
になります。


浮気調査+法律相談で依頼できる探偵事務所も存在します。
そういった場合の費用も確認しておくとよいでしょう。


特に女性は離婚後の生活の不安材料にもなりますね。
浮気調査により証拠をつかんでいれば、
慰謝料請求のときに断然有利です。


また、浮気相手と再婚したいために、
突然離婚を要求してくるケースもあります。
そんなときにも、浮気調査により証拠をしっかり集めておけば、
旦那・嫁から慰謝料を請求することもできます。
慰謝料.jpg


証拠が無く、財産分与もされすに離婚というケースもあるので
将来の不安を極力小さくするためにも、
専門家に相談することをおすすめします。



2の離婚するつもりはないという場合も
浮気を止めさせたいわけですから、
浮気調査を依頼して実態を明らかにし、
今後、浮気相手と会わなくなるようにすることですね。


証拠がなければ、相手は事実を認めません。


浮気調査により証拠をつかんでからでも構いませんが、
今後の対処をじっくり考えておいた方が先々スムーズに進められます。


3の場合は相当辛抱強くないと
最終的に感情が爆発してしまうかもしれません。
そうなる前に対処した方が良いと思われます。


格安費用で浮気調査+法律相談するなら
こちらがオススメです。

⇒とにかく浮気をやめさせてスッキリしたい方へ。





>>>浮気調査 費用 格安〜あなたの旦那・嫁は大丈夫!?〜TOPへ戻る
posted by 斉藤 隆也 at 11:05 | Comment(0) | 浮気調査の前準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。