ヘッダー 原一.jpg

どこまで浮気したら不貞行為になるのか

夫婦同居を始めた時点で、同居義務や扶助義務が発生します。
これは互いに助け合いながら生活をするという約束です。


「浮気をしてしまった」この過程で全てが決まります。
例えば交際相手を作り毎回会うごとにデートをしていた。
浮気を抑制するために「不貞行為」といって
民法第770条が定められています。



ではデートを繰り返したから不貞行為になるのでしょうか?
それは間違った認識なのです。
よく勘違いされているのは、
交際相手を作った時点で浮気になりますが不貞行為にはならないのです。


不貞行為とはあくまで性交渉を行った場合のみ適用されます。
この法律は離婚の申し立てのときに用いられることが多いのです。


不貞行為になるのは以下の違反行為や状況によって審議されます。

■ 配偶者に不貞な行為があったとき

■ 配偶者から悪意で遺棄されたとき

■ 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

■ 配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みが無いとき

■ その他婚姻を継続し難い重大な事由がるとき


上記の不貞とは貞操義務、
つまりは浮気相手との性交渉を指しています。
不貞行為があったとしても
裁判所が婚姻の継続を認めたときには
離婚申し立ては却下されてしまいます。



夫婦どちらかが浮気相手とデートしていたからといって
直ぐに離婚することは難しいということです。
できれば裁判になる前に互いが申し分を聞き(譲歩する)、
和解によって離婚するか婚姻継続をするかで合意をするのが理想です。


本来ならば夫婦円満に生活を送るのが義務であり、
浮気は許されない行為であることを自覚しておくべきなのです。



>>>浮気調査 費用 格安〜あなたの旦那・嫁は大丈夫!?〜TOPへ戻る
posted by 斉藤 隆也 at 03:35 | Comment(0) | どこまで浮気したら不貞行為になるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。