ヘッダー 原一.jpg

あなたの浮気で離婚後、相手の不貞が発覚したら慰謝料減額できるか

もし、あなたの浮気が原因で離婚したのであれば
その責任を問われるのが当然です。

が、離婚後に実は相手も
浮気があったことが分かった場合、
多額の慰謝料を負担するのは
不公平に感じるでしょう。


というわけで、
もしそのようなケースで
慰謝料の減額が可能か調べてみました。



【結論】

離婚調停で出た結論を覆すことは難しいが、
改めて相手の浮気行為に基づく慰謝料請求は可能。
⇒払った慰謝料を取り返せる可能性がある




【解説】

調停は和解の一種であり、
和解は一度解決したことを
蒸し返させない効力があります。

そのため、和解で決まった権利
(慰謝料や自宅所有など)を
いかなる理由があろうとも
後から変更することはできません。


離婚調停の場で
相手の浮気の有無が問題に上がり、
浮気がなかったことを認めていた場合、
それを前提に調停していたら
後から浮気がわかっても
どうしようもないということです。



また、離婚調停の場では
相手の浮気の有無が問題に上がらず、
あなたが相手は白だと信じて
調停に応じた場合も同じです。


民法第95条には
「意思表示は、法律行為の要素に
 錯誤があったときは、無効とする」
と定められていますが、
無効にするには
調停の意思表示(財産分与の約束)のときに
「相手は白だから調停に応じる」
と表明していなければなりません。


あなたがただ相手を信じていただけで
調停時に表明していなければ
その結果は後から覆らないのです。



ですが、
あなたはその調停で浮気の責任をとりました。



ですので、
相手が浮気の責任をとっていない場合は
離婚調停とは別に相手の浮気行為に基づく
慰謝料請求は可能なのです。



どれほどの慰謝料が取れるかは
ケースバイケースですが
諦めることはありません。
専門家に相談しましょう。



とはいえ、
そうならないように
たとえ自分の浮気が原因で離婚要求されても
少しでも相手に怪しい行動が見られたら
相手のことも調べておくことをオススメします。


もしそこで浮気調査により
証拠が押さえられたら
離婚調停ではそれほど不利にならないでしょう。

⇒離婚後に相手の不貞があったことがわかってしまった方へ。





>前のページ:離婚の慰謝料相場

>>>浮気調査 費用 格安〜あなたの旦那・嫁は大丈夫!?〜TOPへ戻る
タグ:離婚 慰謝料
posted by 斉藤 隆也 at 23:59 | Comment(0) | 離婚後の慰謝料減額 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。